CSR・社会貢献活動

フードバンク活動支援事業

宮田では製造工程で発生する規格外品など市場で流通できなくなった製品を、
全国フードバンク推進協議会を通じて、食品を必要としている施設や団体に
無償で寄贈する、フードバンク活動支援事業を行っています。
“お菓子を通して幸せを届ける”を追求する
宮田の社会貢献への取り組みが、全国に笑顔の輪を広げています。

NPOホットライン信州

長野県で生活困窮者の自立支援や、こどもたちの居場所づくりなどの支援活動を行っている『NPOホットライン信州』に、ポテトチップス(サワークリーム&オニオン味・うす塩味)を、各150箱(3,600個)を寄贈いたしました。
県内70ヶ所に子ども食堂を運営している同法人では、届けられたお菓子を子ども食堂で行われた「食育学びサポート」のイベントに活用。子どもたちはおいしいポテトチップスの食べ方を話し合ったり、味の食べ比べなどを楽しみました。また、子ども食堂を必要としているご家庭にも、ポテトチップスが配られました。

セカンドハーベスト京都

京都でフードバンク活動に取り組む『セカンドハーベスト京都』に、ポテトチップス(サワークリーム&オニオン味・うす塩味)を、各100箱(2,400個)を寄贈いたしました。
同法人では、生活困窮者や困難な状況にある子どもたちを、食を通して支える団体を支援しています。宮田から寄贈されたお菓子も、各団体を通じて、多くの子どもたちやそのご家庭に届けることができました。

フードバンク北九州ライフアゲイン

福岡県北九州市でフードバンク活動に取り組む『フードバンク北九州ライフアゲイン』に、ポテトチップス(サワークリーム&オニオン味・うす塩味)を、各50箱(1,200個)を寄贈いたしました。
同法人では、子ども食堂の運営や、生活困窮者、児童養護施設、母子支援施設などに食品を届ける活動をしています。宮田から寄贈されたお菓子も、経済的に厳しいご家庭や、施設などへの支援に活用され、多くの子どもたちやそのご家庭に届けることができました。